ウーマン

企業が抱える悩み解決|組織課題システムを使おう

入力を自動化させる

会社

会社では決算になると、決算申告書といった書類を出さなくてはいけません。決算申告書を出すことで、金融機関で融資申請を行う際に、判断できる材料になります。また、融資する際には必ず金融機関から決算申告書の提示を求められ、内容を見て判断されるでしょう。また、大手の企業と取引する際にも申告書の提示を求められることもあります。申告書の内容が良ければ、大手企業との取引契約を獲得することができ、会社の成長に繋げられます。融資や出資、与信判断をするためには決算申告書が必要になります。作成した決算申告書は、決算後に開かれる株主総会で報告され、承認を受けなくてはなりません。

決算申告書は、専用ソフトから入力することができます。専用のソフトであれば入力にかかる時間を短縮することができ、余裕を持って期日に間に合わせられるでしょう。また、ほとんどの企業では決算になると、申告書作成などの経理業務を、税理士と一緒に行っているところもあります。そのような場合でも、専用のソフトを利用することができます。状況にあわせてソフトが使えるのではないでしょうか。このソフトは、決算申告書作成機能だけでなく、仕訳帳、月次損益計算書、資金繰りレポート、現預金レポートといったものもあります。決算申告書作成ができるソフトを使うとなると、自社にあっているものなのか不安に思う方もいるでしょう。そういった際は、無料で使用できるソフトもあるので試しに使ってみてはいかがでしょうか。